小林豊子きもの学院の「令和元年 きもの展」が盛大に開催されました。

新着情報
「令和元年 きもの展」が盛大に開催されました。

     

 

小林豊子きもの学院東北本部・東北開業講師会共催の「令和元年 きもの展」を仙台市 秋保リゾート

ホテル クレセント 2F コスモスの間に於いて7月12日(金)~14日(日)の3日間開催し、無事終了致しました。

十二単・束帯に代表される「日本時代衣裳を東北の地に残そう!」を旗印に、昭和62年より毎年7月に

「きもの展」を開催し、その売上金の一部で「時代衣裳を復元」する文化事業をスタートさせて、今年で第33回目(33年目)を迎えました。

今年は皇太子殿下御即位にちなみ、十二単と束帯の時代衣裳を展示、また「舞妓のきもの」を新たに復元し、展示致しました。

今回は会場が、初となるホテル クレセントでの開催ということで、慣れない中での手さぐり状態ではありましたが、先生方を始め、生徒さん、お客様、そしてホテルの方々のお力で、令和元年初のきもの展を盛大に盛り上げて頂きました。

開業講師会の役員の先生を始め、講師の先生、生徒さん、卒業生の皆様、そしてお得意様各位の絶大なるご協力に

心より感謝申し上げます。

遠くは、青森県、秋田県、新潟県、東京都からもご来場頂きました。

ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。