小林豊子きもの学院の第61期 教授補中期講座 仙台会場が開催されました。

新着情報
第61期 教授補中期講座 仙台会場が開催されました。

     

 

 

 12月8日(土)・9日(日)の2日間、仙台市青葉区 東京エレクトロンホール宮城に於いて、教授補資格取得講座の中期講座が開催されました。

教授補資格は、小林豊子きもの学院最高の資格である教授資格を取得される前に取得していただく資格で、前期講座1日は地元で受講、中期講座は2日間を仙台で、後期は京都で3日間受講して頂くことで、

晴れて教授補資格を允許されます。

 

教授補講座、教授講座では、平安朝から近世に至るまでの十二単姿、束帯姿に代表される日本の衣裳文化である時代衣裳を学ぶことができる本学院ならではの授業内容となっています。

 

<中期講座 担当講師>

12月8日(土) 

  講義 10:00~17:00  元日本航空キャビンアテンダント

                エデュウス 代表  藤田 素子 先生

 

12月9日(日)

  講義・実習「草木染」 10:00~17:00

                   結工房 主宰  吉田 信子 先生

 

 

<受講生の皆さま>                                                       

 宮城県  大畑 典子 様                                                                                                          

 福島県  折笠 小百合 様

 山形県  佐藤 恵美 様

 青森県  長根 真紀子 様                          

 岩手県  佐々木 宏子 様