小林豊子きもの学院の11月18日(日)八戸市で振袖着つけ研修会が行われました。

新着情報
11月18日(日)八戸市で振袖着つけ研修会が行われました。

              

 

 

1118日(日)青森県の八戸市南部会館に於いて、八戸聖ウルスラ学院の留学生の皆様をモデルに振袖着つけ研修会が行われました。

青森県の先生方は毎年4月から12月まで、月に一度、成人式に向けて振袖の着つけ研修会を行っています。

今回11月の研修会は7月の研修会に引き続き、八戸聖ウルスラ学院の先生からのご依頼により、16歳の留学生6名の皆様方をモデルに行いました。

6名のモデルさんのうち、3名の方はタイのチェンマイにあるRegina Coeli Collegeから、そして3名は台湾の花蓮市の海星高等学校から、内1名は男性の留学生の方がいらっしゃいました。

留学生の皆様はきものの、振袖の着装体験の場として、そして先生方は振袖の着つけの研修の場として、それぞれ目的は違っていましたが、とても楽しく充実した時間を過ごしました。

着付けた後は南部会館の敷地内にあるとても素敵なお庭で、少しばかりのフリータイム。

留学生の皆様は11月の寒い八戸もなんのそので、会館の外に出てお庭に行き、それぞれのスマホで記念撮影。

早速InstagramFacebookなどにアップをして、タイにいるご家族や地元の友人にみてもらうとお話ししていました。

素晴らしい経験をさせてくださいました八戸聖ウルスラ学院の先生方、並びに清水菜穂子先生には心より感謝申し上げます。