小林豊子きもの学院のきもの豆知識

きもの豆知識
浴衣

浴衣は夏の風物詩。夏祭りには各地で年々、浴衣に親しむ人が増えています。

普段きものを着ない人でも、夏の日の夕涼みの時には、何となく着てみたくなるのが浴衣です。

 

そもそも…

浴衣はもともと麻を素材にした湯帷子(ゆかたびら)のことで、平安時代の貴族達が風呂に入る時にまとったもの

です。その後、風呂上りに汗取りとして着られるようになり、江戸時代、木綿の普及とともに一般庶民の夏の普

段着には欠かせないものとなりました。

種類としては綿縮(めんちぢみ)・綿紅梅(めんこうばい)・有松絞り(ありまつしぼり)・中形(ちゅうがた)な

どがあります。

 

きつけのポイント…

・ウエストにタオル、または腰パットで補正をすると汗取りにもなり気持ちがよく、帯結びの姿もきれいになりま

 す。浴衣はだらしなくなりやすいので、スッキリと見た目にも涼しそうに着るよう心がけましょう。

 

衣紋はだらしなくならない程度にゆったり抜き、裾線は足のくるぶし位の長さで!

 やや多めにつま先を上げましょう。

 

帯は半巾の単帯、材質によっては小袋帯でもOK!

 

下駄は素足で履くので、自分に合った鼻緒を!

 

帯結び…

 蝶結び・貝の口・文庫結び・片花結び など

 

アレンジ…

・帯結びに兵児帯を使うとボリュームもあり、華やかになります。

・長襦袢を着て、なごや帯を使用することでカジュアルなお出かけの装いになります。

夏物

単衣の次に着るのが盛夏用のきものです。

暑い夏にいかに人目に涼しそうに見せるかという「涼感の演出」こそ本物のおしゃれ。

夏ならではのきもので、帯や小物の色もすっきりコーディネイトしましょう。

 

●夏用きもの・・・冬物と同じように格式によってそれぞれ種類があります。

           透ける素材で、清涼感を織り方や文様で表します。

           素材は絽、紗、上布、縮、中形などがあり、長襦袢も好みにより

                           正絹や化繊の絽、紋紗、絽麻などがあります。

 

●夏用帯・・・通気性のある軽い地質のものが用いられます。

         文様や色彩も夏帯にふさわしい、涼しい印象を与えるよう配慮されています。

 

●夏用小物・・・礼装には絽や紗の白を基調にしたものか、淡い色挿ししたものを選びます。

         帯締めもレース組の涼しげなものを選びます。

衣替え

                           

 

 

四季があり、気温や天気の変化が大きい日本の風土に即した行事で、平安時代から宮中で行われていました。

衣服だけではなく、家具調度まで季節に合わせて整えていたそうです。

江戸時代に入ってからは、武家服制を中心に行われ、明治以降は公務に携わる人や学生などの制服誕生と同時に、

きものにも季節によって衣替えをする習慣がつくられました。

 

6月、9月には単衣のきもの着用になります。

単衣のきものは、透けない素材で、裏地を使わずに仕立てたものです。

6月は夏に向かって、涼しげな色や柄のものを、

9月は逆に柄や色味を秋らしくするのがおすすめです。

季節を少し先取りした着用がおしゃれです。

長襦袢と帯、小物はきものより早めに季節を先取りしましょう。        

 

盛夏の7月と8月は、薄物とよばれる透け感のある単衣仕立てのきものを着用します。

帯も透け感のある絽や紗、麻素材のものなど涼しげなものをコーディネートしましょう。

 

季節感のある柄できものを仕立てる時は、仕立て方にも注意しましょう。

 

 

 

                         

夏の場合の喪服

6月、9月の衣替えの季節には単衣の黒五つ紋付きを着ることになっていますが、気候によっては袷でも絽でも構いません。

また季節がちょうどまたがっている場合は、長襦袢・帯・小物などで調節するとよいでしょう。

盛夏の喪服としては絽の五つ紋付きの黒のきものに黒の絽・紗のなごや帯を用います。

帯締め、帯あげは夏用のものを使いましょう。