小林豊子きもの学院のきもの豆知識

きもの豆知識
お手入れ

・陰干し…湿気を含んだままたたんでしまうと、シミやカビの原因になります。脱いだきものや帯はすぐたたまない

               で、汚れがあったらすぐ始末し、30分くらい陰干しして風を通しておきましょう。

 

・洗濯…洗える素材はネットに入れて洗濯機の「手洗い」「おしゃれ着」などのコースで!

    洗剤もおしゃれ着用を使用しましょう。

    シワをのばし風通しの良い場所で陰干しを!

 

・桐のタンス…きものに桐のタンスが良いとされるのは、防虫、防湿、さらに火災に強いからです。

       また大変軽く、見た目も木の柾目が美しく日本人の感覚にマッチします。

       収納する時は畳紙(たとうし)に包んで収納します。

       ビニールやナイロンは蒸れてカビや虫食いの原因となるので避けましょう。

       重ねすぎはシワの原因になるので注意しましょう。

                     絞りや刺繍のきものは傷まないよう一番上に!

 

・ブラシ…きものに洋服ブラシは禁物。毛足が強いので生地を傷めます。

               必ずきもの用ブラシか、ビロードなどの柔らかい布で布目にそって汚れをとりましょう。

 

・虫干し…ひと昔前までは寒干し(1月下旬~2月下旬)と土用干し(7月下旬~8月下旬)を行いましたが、

     今は建物の関係で行う方は少なくなりました。

     日常あまり着る機会がなくても、せめて1年に1回は虫干しを!

     晴天が2~3日続いた空気が乾いた日を選び、直射日光の当たらない場所できものに深呼吸させて

     あげましょう。

 

・帯のお手入れ…帯はハリ、ツヤが命です。

        使用の都度、ビロードで軽く拭くなどしてお手入れしましょう。

                        汚れによっては消しゴムでとれる場合もあります。

汚れ・シミ

・ベンジン…きものの衿、袖口、裾の汚れを落とすにはベンジンが最適

                  です。乾いたきれいなタオルを下に敷いて、

                  ガーゼに上質のベンジンを含ませてたたくように、またはつまみ出すようにして汚れをとります。

                  化粧汚れなどの軽い油性の汚れもベンジンで対処できます。

                  何度も使用したり、強くこすると色が落ちますので気をつけましょう。

 

・汗のシミ…霧吹きでできるだけ細かい霧をふきかけて、乾いたタオルで押さえて湿気を取り衣紋掛け(ハンガ-)に

                  かけて風通しの良い所で陰干しします。

 

・泥はね…すぐこすらず、よく乾いてから軽くもむか、ブラシをかけてとります。

     しみこんだものは、固く絞ったタオルと乾いたタオルで挟み込むようにしてたたきましょう。

 

・食べこぼし…外出先での食べこぼしは応急処置として、ハンカチを水で濡らし、シミのついたところを

                     つまみあげてふきとっておきます。

                     ただし、牛乳など動物性タンパク質の食品や血液にお湯は禁物です。

 

あくまでも応急処置です。なるべく早く専門店にまかせましょう。

専門店に出す時は、シミ抜き・汚れ取りをするところにしるしをつけ、原因を知らせることが大切です。