小林豊子きもの学院の創作帯結び作品集

助教授 創作帯結び作品集
桂技能賞
作品名 黒椿(くろつばき)
教室 岩手県 津志田南教室
氏名 千葉 真名 さん
指導講師 分校長 星川 津賀子 先生
背の左上に黒い椿と万葉ひだの葉をあしらい、体の動きに合わせ、微かに揺れるようにたれを仕上げました。
「黒椿」の花言葉のように「気取らない優雅さ」を表現しています。
黒椿が映えるように、白地の着物を選びました。
華技能賞
作品名 花太鼓(はなだいこ)
教室 青森県 城東教室
氏名 木立 莉沙 さん
指導講師 準管理分校長 斉藤 京子 先生
追いひだでお花を作り、豪華さを出しました。
寿技能賞
作品名 心待ち
教室 宮城県 ふく教室
氏名 小野 さくら さん
指導講師 分校長 三浦 ふく 先生
祝いの席など華やかな場にぴったりの結びです。
手先で新芽が次々と芽吹く様子を、たれ先でみずみずしい葉をつくり、心待ちにしていた春がやって来る様子を表現しました。
扇技能賞
作品名 輝宝(きほう)
教室 岩手県 津志田南教室
氏名 石川 えりか さん
指導講師 分校長 星川 津賀子 先生
宝づくしの中の一つ、財宝を入れる「宝袋」から、叶えたい夢や希望など大切なものを入れる「輝く宝袋」をイメージしました。
ひだの組み合わせで、袋の上部を華やかな雰囲気にしました。
左右の羽の変化で様々な形に応用できる結び方です。
雅技能賞
作品名 初蝶(はつちょう)
教室 岩手県 後川教室
氏名 佐々木 宏子 さん
指導講師 準管理分校長 後川 安希子 先生
羽化した蝶が羽を広げ、初めて空に飛び出す場面をイメージしました。
今いる安全な場所から新しい世界へ飛び込む時、恐れずに大きく羽を広げてほしいと思いを込めました。
雅技能賞
作品名 彩帆(いろは)結び
教室 宮城県 我妻教室
氏名 小野寺 まゆみ さん
指導講師 準管理分校長 我妻 良子 先生
手先で作った花弁が特徴です。
柔らかい帯で裏箱ひだ、屏風だたみ、追いひだを作った愛らしい立矢系の結びで、作品名は「彩帆」孫の名前で、孫が成人式を迎える日を思い浮かべながらの作品です。
雅技能賞
作品名 想い
教室 宮城県 若柳下町教室
氏名 小野寺 聡江 さん
指導講師 分校長 稲邊 あい子 先生
親鳥が子鳥を守るように寄り添っている様子を思いうかべて結びました。
羽根の向きを変えることで、表情が変わります。レースを飾ることで優しい母の愛を表現しました。
お祝いの席などにふさわしい帯結びです。
寿技能賞
作品名 優風(ゆうか)
教室 岩手県 中井きものきつけ教室
氏名 平田 怜子 さん
指導講師 分校長 佐藤 トキコ 先生
風にそよぐ木の葉の下に水面が優しく波うつ様子をイメージし、木の葉と羽根を重ねて作り、お太鼓にできた自然なひだを活かし、全体に柔らかく優しい雰囲気を表現した帯結びです。
桂技能賞
作品名 寒梅
教室 岩手県 興田教室
氏名 千田 啓子 さん
指導講師 準管理分校長 菊池 悦子 先生
厳しい風雪の寒さにもめげず、あらゆる花のさきがけとなる寒梅のごとく、人生を生き抜いて欲しいという願いを込めて「寒梅」としました。
二つ追いひだからのぞく不揃いのひだは、山あり谷ありの人生を、末広状の二つ追いひだは道のりをあらわし、そしてたくさんの花を咲かせることができるようにと、梅結びの飾りを二つ、前につけてみました。
華技能賞
作品名 花束と蝶
教室 岩手県 興田教室
氏名 佐藤 玲子 さん
指導講師 準管理分校長 菊池 悦子 先生
七五三に結べるような帯結び、と考えてみました。
花や蝶でかわいらしさと華やかさを表現しました。ラッピングペーパーを使って、本当の花束気分と華やかさが出ていると思います。