小林豊子きもの学院の創作帯結び作品集

助教授 創作帯結び作品集
華技能賞
作品名 花水木(はなみずき)二重太鼓
教室 福島県 庄司 一子教室
氏名 折笠 小百合 さん
指導講師 準管理分校長 庄司 一子 先生
4~5月に花をつけるハナミズキ。歌にもなっている可憐な花を、帯に負担をかけない様に、別布で花びらを作りました。
寿技能賞
作品名 永遠の地球 静かなさざ波
教室 宮城県 仙台成田町教室
氏名 芳賀 仁枝 さん
指導講師 準管理分校長 石森 百合子 先生
新年を迎える日、おもてなしをする日、是非、この美しいヒダのある清楚な帯結びで、優雅な日本の女性達の平和を愛する心を世界中の人々に感じとってほしい。と願って創作させて戴いた帯結びです。
華技能賞
作品名 花祭り
教室 福島県 八千代きつけ教室
氏名 高橋 幸子 さん
指導講師 分校長 羽根田 八千代 先生
大輪の花が満開になり咲き乱れているようなイメージです。
金銀小袋帯を使い、御所立矢と桔梗を合わせてアレンジしました。
春爛漫、お祝いやパーティの席に花添えて・・・。
雅技能賞
作品名 猫とお散歩
教室 青森県 田園教室
氏名 山内 明日香 さん
指導講師 準管理分校長 乗田 育子 先生
二重太鼓の上に可愛い猫をのせてみました。
華やかな帯の裏地を使い、猫のシルエットを際立たせています。
ぷらぷらと動くので、鈴の音に誘われて、お仲間が集まってくるかもしれませんね。
寿技能賞
作品名 深山早春(しんざんそうしゅん)
教室 宮城県 小野寺きもの教室
氏名 大畑 典子 さん
指導講師 分校長 小野寺 智子 先生
五枚ひだと七枚ひだの羽根が、深山に重畳する古木の佇まいを表わし、漸く訪れた春に、渓流の水のほとばしる様を、手先に二つ追いひだを加えた貝の口結びで表現してみました。
可愛らしさと端正さを併せ持ち、振袖などの正装に相応しい帯結びです。
雅技能賞
作品名 日彩(ひいろ)
教室 山形県 あかねヶ丘教室
氏名 草苅 悦子 さん
指導講師 準管理分校長 加藤 和子 先生
左肩を彩る箱ひだ、三つ山ひだの二つの羽をかさね、右肩に凛とした箱ひだの羽と真ん中に可愛らしい短冊ひだの羽...。
今年生まれた孫の日彩(ひいろ)を連想して結びました。
華やかな帯結びで振袖、訪問着に結んで下さい。
雅技能賞
作品名 稚菜(わかな)
教室 山形県 上山棚井教室
氏名 須田 美知子 さん
指導講師 準管理分校長 棚井 美智子 先生
おさない菜と書いて“わかな”と名付けた娘。いつまでも愛らしく成長して欲しいと願い帯結びを考えました。
手先で作った片葉ひだで、若葉を表現し、たれ先で作った屏風ひだは大空に羽ばたく美しい女性に成長して行く様子をイメージしてみました。
桂技能賞
作品名 枝垂れ桜(しだれさくら)
教室 山形県 城西教室
氏名 渡部 泰子 さん
指導講師 準管理分校長 下河邊 順子 先生
春の季節に合わせて、日本の花の優雅な桜をイメージしました。
屏風ひだを作り、斜めに流れて咲く枝垂れ桜の様に多めに作ったひだをずらし、大きく作った羽の上に乗せて表現してみました。
桂技能賞
作品名 千福始(せんふくし)
教室 青森県 石橋教室
氏名 伊藤 千尋 さん
指導講師 準管理分校長 石橋 タマヱ 先生
「長寿」の松の葉と「振れば福を生み、もう一振りすれば運を生む」と伝えられる「打ち出の小槌」をイメージし、結べばその日から沢山の福がはじまりますようにと、願いの込めた帯結びです。
扇技能賞
作品名 寿後見(ことぶきこうけん)
教室 青森県 石橋教室
氏名 石鉢 幸子 さん
指導講師 準管理分校長 石橋 タマヱ 先生
振り袖や訪問着など晴れの場にふさわしい、ミスからヤングミセスまで、巾広く締めることのできる結びです。