小林豊子きもの学院の創作帯結び作品集

助教授 創作帯結び作品集
雅技能賞
作品名 予蝶(よちょう)
教室 青森県 三浦教室
氏名 若野 えり子 さん
指導講師 分校長 三浦 せつ子 先生
蝶々が体にとまると何かのお告げと言われ、昔の人は「予兆」を「予蝶」と書いていた事を本で知り、その吉祥の
イメージを帯結びにしました。
屏風だたみにしたひだの中央に
ひもを使って肩先にとまる蝶々を表現しました。
雅技能賞
作品名 あかり結び
教室 青森県 福澤着つけ教室
氏名 安本 八千代 さん
指導講師 準管理分校長 福澤 とみ 先生
長女の成人式で結びました。
子どもを育てる責任の重さ、難しさに
悩みながらもなんとか成人式を迎える事ができました。
母のもとから娘(あかり)が巣立っていく姿をイメージしながら結びました。
華技能賞
作品名 桜の宴(さくらのうたげ)
教室 秋田県 保戸野教室
氏名 佐藤 長子 さん
指導講師 分校長 進藤 都 先生
振袖の帯結びとして華やかなものをと
考えて、また着物姿が清楚でより艶やかになるようにイメージして、立矢と日本の花の桜を組み合わせてみました。
華技能賞
作品名 はな万葉
教室 福島県 折笠教室
氏名 小林 由香 さん
指導講師 分校長 折笠 小百合 先生
日本最古の歌集「万葉集」の書名の由来でもある「万世まで伝わるように」と
祝賀の意味を込めて万葉ひだを使い、
一輪の花と葉をあしらいました。
両肩に広がった羽は、未来へ羽ばたいてほしいという願いを込め、
華やかな帯結びにしました。
桂技能賞
作品名 鈴瓢箪(すずひょうたん)
教室 宮城県 笠原きつけ教室
氏名 千田 淑子 さん
指導講師 準管理分校長 笠原 美恵子 先生
瓢箪が鈴なりに実っているイメージで作りました。
花言葉は、円満、利得、繁栄。
そんなたくさんの福が詰まっている帯に仕上がりました。
羽根の位置を変える事で、色々なアレンジを楽しんだり、飾り結びをあしらうと一層華やかになります。
扇技能賞
作品名 讃嘆(さんたん)
教室 岩手県 桜開教室
氏名 樋口 綾子 さん
指導講師 分校長 那須 裕子 先生
来たる東京オリンピックにちなみ、
優秀選手を称賛して送られるメダルを
モチーフに創作しました。
たっぷり取った屏風ひだをひねることによって、華やかさと躍動感を表現しています。
華技能賞
作品名 アイスバーグのように
教室 宮城県 一番町教室
氏名 盛永 陽子 さん
指導講師 管理分校長 鈴木 二三四 先生
可憐なイメージを出すために白い帯を選びました。
白いバラのアイスバーグのように透明感溢れるメルヘンな文庫に仕上げました。
可愛らしい感じの帯結びですので、
成人式に結んでみてはいかがでしょうか。
華技能賞
作品名 カモミール
教室 宮城県 笠原きつけ教室
氏名 笠原 花音 さん
指導講師 準管理分校長 笠原 美恵子 先生
神や太陽に捧げるハーブという印象から「清楚」という花言葉であるカモミールにしました。
お太鼓結びをベースとし、丸みを帯びさせる女性らしさを出しました。
太陽に向かって真っすぐに進む自分の意志を周りが見守っているかのように生き生きさを出しました。
ミス、ミセス、両方に使える帯結びとなっています。
扇技能賞
作品名 華扇(はなおうぎ)
教室 岩手県 大迫教室
氏名 藤原 つや子 さん
指導講師 準管理分校長 大泉 和枝 先生
たくさんの扇が開いた様子を表現しました。
寿技能賞
作品名 流星
教室 岩手県 興田教室
氏名 千葉 史恵 さん
指導講師 準管理分校長 菊池 悦子 先生
二つ追いひだで輪をつくり、
通した屏風ひだは星が流れるイメージです。
一つ一つにひだを使い、
全体的にふんわりと仕上げましたが、
左右のバランスを整えるだけで
くずれにくく、簡単に出来る帯結びです。
扇技能賞
作品名 彩り文庫
教室 宮城県 三浦きもの教室
氏名 山田 愛子 さん
指導講師 準管理分校長 三浦 きさ子 先生
羽根が揺れるさまが、とても愛らしくロマンティックに仕上がりました。
その中で流しひだを作る時、三十紐が見えすぎて大変でしたが、飾り紐でアレンジしました。
雅技能賞
作品名 孔雀鳩
教室 宮城県 尾形恵教室
氏名 齋藤 玲子 さん
指導講師 準管理分校長 尾形 恵子 先生
平和の象徴の鳩、その中でも華やかに尾羽根を広げた孔雀鳩をモチーフに、お嬢様向きの華やかな結び帯を表現しました。