小林豊子きもの学院の創作帯結び作品集

助教授 創作帯結び作品集
華技能賞
作品名 花かご
教室 新潟県 中条教室
氏名 渡邉 ゆう子 さん
指導講師 管理分校長 風間 武子 先生
左側に一輪の花をあしらい、右側に葉をのぞかせた華やかなお太鼓結びです。
花の大きさを変えることで、ミスからミセスまで結んでいただけます。
雅技能賞
作品名 姫金魚(ひめきんぎょ)
教室 宮城県 笠原きつけ教室
氏名 千葉 由佳 さん
指導講師 準管理分校長 笠原 美恵子 先生
金魚のようにひらひらと、花のような可憐さをイメージして作りました。
淡い可憐な乙女心や、大人の女性の上品さを重ね合わせた結びになっております。
羽根と変わり巻きひだの大きさを調整することで、ミスからヤングミセスまで結んでいただけます。
扇技能賞
作品名 重ね立矢
教室 宮城県 笠原きつけ教室
氏名 浅野 まり子 さん
指導講師 準管理分校長 笠原 美恵子 先生
立矢の上に変化をつけて、バランスよく重ねました。
飾り紐をあしらった祝いの席に似合う帯結びです。
桂技能賞
作品名 かたばみ
教室 宮城県 笠原きつけ教室
氏名 高橋 三江 さん
指導講師 準管理分校長 笠原 美恵子 先生
葉がハートの形をしている植物「カタバミ」をイメージして結びました。
カタバミは家がいつまでも絶えず続くという願いを込めて家紋にもよくつかわれます。
花言葉は「輝く心」「母の優しさ」「喜び」。
たれ先にハートの形を作り、それをささえ見守るようにひだを重ね仕上げました。
華技能賞
作品名 ありのままの花びら
教室 宮城県 佐藤きつけ教室
氏名 加藤 早苗 さん
指導講師 準管理分校長 佐藤 恵美子 先生
花びらに見たてた、ひと山ひだを自由自在に変化させ、色々に飾りつけが出来ます。
寿技能賞
作品名 希望
教室 宮城県 佐藤きつけ教室
氏名 千葉 八代枝  さん
指導講師 準管理分校長 佐藤 恵美子 先生
成人の日の振袖の帯結びを考えた。
たれ先の細かい屏風ひだをたれ元の輪に通すことで、未来に向かう階段を表した。
そのまわりで大きな希望の光が輝いているイメージを表すために、大小のひだを重ね合わせた。
若人にエールを送る帯結びとした。
帯結びは、バラの花をイメージし、華やかにした。
華技能賞
作品名
教室 宮城県 佐藤きつけ教室
氏名 髙橋 美穂 さん
指導講師 準管理分校長 佐藤 恵美子 先生
私が好きなバラの花を帯で表現しました。
優雅に咲く大輪のバラと今から咲こうとしているつぼみを作り、花束のように仕上げました。
白い帯を使用したので、清楚で可憐なイメージになっています。
寿技能賞
作品名 颯爽(さっそう)
教室 青森県 田園教室
氏名 木村 紅子 さん
指導講師 準管理分校長 乗田 育子 先生
颯爽と生きて欲しいとの願いから「颯希」と名付けた娘も今年成人式を迎えました。
飛躍して欲しいとの思いを込め、手先とたれ先で作った羽根を思いっきり広げ、文庫とアシンメトリーながらも落ち着いた雰囲気の中に、優しさを表現しました。
桂技能賞
作品名 松寿扇(しょうじゅおうぎ)
教室 青森県 石橋教室
氏名 竹内 千佳子 さん
指導講師 準管理分校長 石橋 タマヱ 先生
ミス、ヤングミセスのお振袖やおめでたい席での帯結びです。
松の葉に見立てた三枚の羽の下に扇をイメージして、たれ先でひだを作りました。
扇技能賞
作品名 真珠貝
教室 宮城県 幸教室
氏名 大槻 圭子 さん
指導講師 準管理分校長 安齋 加壽惠 先生
真珠は日本人が最も多く持つジュエリーと言われています。そして、古くから上質な真珠の産地としても有名です。
着物と共通する所があると思い、選びました。
たれ先でひだを取り、波と貝のふくらみを表現してみました。真珠と解るようにビーズでかざりを作り、つけてみました。